asobi to manabi

二人姉妹の成長記録

スマイルゼミのデメリットを解消!

 

先日、幼稚園の卒園式&小学校の卒業式が無事に終わり、

あとは4月の入学式を待つばかりです。

子どもたちは身も心も入学準備の春休み!

できるだけ有意義な毎日にさせてあげたいと思いながらも、

いつも通りバタバタの日々を過ごしております^^;

 

さて。

前回の記事でも書いたように、新一年生次女の家庭学習はスマイルゼミをメインに続けていくことに決めましたが、継続することを迷うほどのデメリットがいくつかありました。

 

 

今回そのデメリットをできるだけ減らす工夫をしてみたので、ご紹介したいと思います~!

 

デメリット1

漢字(文字)の書き取りが雑になる

 

スマイルゼミだけではなく、タブレット学習全般で同じ悩みを抱えることがあるかと思います。ツルツルの画面にデジタイザーペンで書くので、滑りやすく、力をあまり入れなくても素早く文字を書けてしまいます。

雑に書いてもスマイルゼミはほとんどの場合、正しい文字と認識してきちんと拾ってくれるので、丁寧に書く必要性がありません。
漢字学習はあまりに雑だと書き直しが入りますが、明らかに紙に書くよりは力も入れずにするすると書けてしまいます。

素早く書きたい計算問題などには好都合ですが、基本的に新一年生にそこまで早い運筆は求められていないので、まずはしっかりと書く練習をさせたいものですよね。

 

そこで見つけたのがこちらのペーパーライクフィルムです。

 

 

画面にフィルムを貼ることによって、ほどよい摩擦が起き、紙に鉛筆で書いた時の触感を感じられる、デジタイザーペン対応のフィルムになります。

透明のシートを画面に貼って傷や汚れを防ぐ目的で使われる保護フィルムですが、こちらは通常よりもざらっとした質感で、その引っかかりがペンを滑りにくくしてくれます。

さらにこちらの商品はブルーライトをカットしてくれるので目にも優しいのが嬉しいところ。

 

さっそく長女と次女のタブレットに、フィルムを貼ってみました!

 

f:id:asomanahome:20210331072301j:plain

 

【内容物】

液晶保護フィルム

ホコリ取り用シール

クリーニングクロス

フィルム貼付用ヘラ

 

届いたパッケージの中には、一枚のフィルムと、気泡や埃が入らないように作業が行える付属品がついていて、説明書から貼り方動画も見ることができます。

 

動画を見てその通りに慎重に慎重に行い、結果、気泡も埃も入らずきれいに貼ることができました!

 

f:id:asomanahome:20210331074030j:plain

 

もともとタブレットに傷がついていた部分だけ、どうしても気泡が入ってしまったので、そこだけはちょっと残念です。。はじっこ部分なので学習に影響はないのでまだ良かった^^;

 

見た目もなんとなく高級感が出たような、ずっと使っているタブレットが見違えるようにきれいになりました^^

ペンで書いている時の音は「ざっ、ざっ、ざっ」といった感じで、確かに実際に紙に鉛筆で書いているような感覚があります。

 

f:id:asomanahome:20210331073810j:plain

 

ツルツルの画面に慣れている娘たちは「消しゴムがさっと消せない」「ツルツルも気に入ってたな~」などと最初は言っていましたが、学習画面に入るとやはり滑らないペン先は使いやすいようでした。特に漢字と英語のスペルを書く時に効果があるようです。

 

これはもっと早く貼っておけばよかった~!と激しく後悔してます。スマイルゼミ標準でつけてほしいフィルムですね。まだつけていない方にはぜひぜひおススメしたいと思います!

 

フィルムに引っかかりがあるのでペン先の消耗が早くなるかも?という心配はありますが、ペンの買い替えで少々お金がかかっても、雑に書く癖がつかないようにするためにはそのくらいお安いものです^^

 

そして次のデメリット…↓

 

デメリット2

画面視聴の時間が長くなる

 

小学生コースは学習内容に応じてコインが貯まり、ゲームができる仕組みがあります。このゲームは、学習に繋がるような良質なものもありますが、コインが貯まるごとにやるほどのものではないと個人的には判断してます。
他にもやらせたいアプリやゲームは山ほどあるので。

 

幼児コースではゲームがなくても日々取り組むことができていたので、トータルの画面視聴の時間をできるだけ短くするために、ゲームのできる時間を思い切って「ゼロ」にしました!!

これで全くゲームはできません。…酷でしょうか(笑)

 

娘はまだゲームができることを知らないので、しばらくはその設定でやってみようと思います。できるだけ長い間、封印しておきたいです。

長女は高学年からの利用だったのですが、ゲームをやっていたのは最初だけだったし、ご褒美としてやるという感じではなく、それよりもマイキャラの着せ替えや写真撮影の方を楽しんでいました。

なので次女も、ゲームをOFFにしてもマイキャラなどで十分に遊べるだろうなと思ってます。ゲームの存在に気づいてどうしてもやりたがったら解禁します(笑)。

 

幼児コースを2年間受講してきた経験から、これから始まる小学生コースに向けて少しでもデメリットを少なくしてみました^^

何事も最初が肝心ですからね。タブレットの与えっぱなしにならないようにしばらくの間はどんなふうな使い方をしていくのか意識して様子を見ようと思います♪