asobi to manabi

二人姉妹の成長記録

外遊びを思いっきり

f:id:asomanahome:20201230152415j:plain

今年もあと2日!

あっという間に年の瀬です。

 

今日はちょっと遠くの公園までお出かけして、おともだちと一緒にひろーい広場をたーくさん走り回ってきました。小6の長女も一緒についてきて、小さい子たちの面倒を見てくれたり一緒に走り回ったり^^

 

「外遊びを思いっきり」というタイトルを見て、そんなの毎日させてる!当たり前のこと!と思う方もいらっしゃるでしょうね 笑

 

でもうちの子たちは、家で工作したりレゴをしたりじっとしながら遊ぶことも大好きなので、外遊びは意識しないとなかなかできません。好きなことだけさせていればいいや~と思ったりもしますが、外遊びに関しては私、ただ子どもを遊ばせるだけではなく、外遊びでできる経験をどれだけ積んであげられるかが重要だと思っているので、できるだけ外に連れ出したいのです。

 

一日中朝から晩まで遊ぶのはハードルが高いですが、とりあえず2日に一度は外に出て短い時間でも思いっきり遊ぶ!を目標に、子どもたちを外に連れていくようにしています。小6のお姉ちゃんは友達が優先になってきて、ついてこなくなったことが増えてきていますが…。さすがにもう公園の遊具などで遊ぶお年頃ではなくなってきたことを実感しています。

それでも大きめのアスレチックがある公園や、バドミントンやローラーブレードなどができる大きな公園などは喜んできてくれます。

 

今のようなご時世では遠出もできないので、もっぱら近所(自転車で行ける範囲内)で遊んでいます。家にこもってばかりではなくて、外の光を浴びて風に当たるだけでも気分転換になりますよね。

 

何かの本で読んだのですが、
子どもには「寒さ」と「暑さ」をしっかりと経験させる
というものがありました。


寒いから…暑いから…という理由で空調のしっかり効いた室内でばかり過ごしていると、体温を調整する力が育たないのでは?と思います。季節を体で感じてほしいという気持ちもあるので、外遊びは子どもが成長してもできるだけ長くさせようと思っています。

 

遊具のある公園はそれだけで完結してしまいがちですが、他にできる遊びというと…

 

■高学年でも楽しめる遊び

●なわとび

●ローラーブレード(スケート)

●キックボード

●バドミントン

●フリスビー

●ボール

 

■小さい子が喜ぶ遊び

●シャボン玉

●お砂場遊び

●水遊び

●自転車(三輪車)

●鬼ごっこやだるまさんがころんだ

●かくれんぼ

●落ち葉拾いや探索ごっこ

 

 

…などでしょうか。

 

ただいま次女は、なわとび練習真っ最中です。おともだちの中には100回まで飛べる子や二重飛びができる子も!小学校に入ったらなわとびを飛ぶことは日常的にあるので、ここで飛べるようになっておくと、自己肯定感につながるかな~と密かに思っております。

 

たくさん飛べるおともだちが「まずは片手で両方の持ち手を持って回しながら、それに合わせて飛ぶ真似をすればいいんだよ」と的確なアドバイスをくれました。

 

今のところ次女も「もっととべるようになりたい!」とはりきって練習しています。嫌にならない程度にがんばらせてたくさん飛べるようにさせてあげたいなと思います。

 

最近はボールを使える公園が減ってきていたり、あまり大声ではしゃぐのは憚られるような住宅地のど真ん中にある公園もありますよね。なかなか思うように遊ばせてあげられないジレンマもありますが。

 

くたくたになるまで遊びつくす経験をできるだけたくさんさせてあげたい!!

 

もう早い子だと3~4年生くらいから公園には行きたがらなくなるかな~と思います。次女ももう残りわずか!これからさらに寒い季節になってきますが、せっせと外遊びに出かけたいと思います。