asobi to manabi

二人姉妹の成長記録

ご挨拶

 

 はじめまして!

 

2009年生まれと2014年生まれの2人の女の子のお母さんをしています。
2021年4月に上の子は中学生、下の子は小学生になります。

 

幼児期の子育てにも終わりが見え、子どもたちもある程度大きくなってきたので、そろそろこのあたりで、我が家のあり方を見直しつつ、本格的に学習のサポートもしていきたい!という想いからその記録としてこのブログを立ち上げました。

 

私はごく普通のお母さんであり、我が子たちに自分以上の勉強を強いて、難関中学・高校、もしくは有名大学に絶対に合格させたい!などの高い志があるわけではなく…

 

ただ、子どもたちには

幸せになってもらいたい

小さなことにも「幸せ」を感じられる人生を歩んでもらいたい。

そう思って子育てをしてきました。

 

「幸せ」は人それぞれなので、子どもの幸せの方向を今から決定づけることは親にはできません。

 

でも、

最低限のしつけやマナーを身につけ、

学校の勉強をきちんと理解する土台を作り、

どこに行っても物怖じせず、

好奇心を持って行動する人になること、

その手助けはいくらでもできると思うのです。

 

そして、これから続く長い人生、どんなことがあっても

「生きることを楽しむ」ことができる人に、

なってくれたらいいなと強く願っています。

 

自分の力で何事も考えて取り組んでほしいとは思いますが、これから一年生になる次女にはまだまだ親の手助けが必要で、教えてあげられることもたくさんあります!!

 

上の子で経験した

「これをやってあげてよかった」

「こんなふうに成長した」

という例を参考に、いいお手本として次女にも取り入れていきたいと思っています。

 

もちろん「これは失敗だった~」ということもたくさんありますが、それもふまえた上でベストな環境を整えてあげられたらな~と、これから始まる小学校生活が楽しみです。

 

中学生になる長女は、そろそろもう親の手を離れはじめる時期に差し掛かっているので、あまり口を出さずに「見守る」体制でサポートしていこうと思います。

 

基本的には思いっきり遊ぶことや家のお手伝い、机上の学習では得られない経験などが最も大切だと考えているので、学習とのバランスをしっかりと取りながら、遊ぶことと学ぶことを分けることなく綴っていきます。

 

子育てに近道はないこと、

早くから理想の形に持って行こうとしないこと

それを忘れずに、多少失敗してもつまづいても、いくらでも後戻りをして、たくさん休憩して、子どものリズムに寄り添っていけたらと思っています。

 

子どもたちが大人になった時に、

「子ども時代、最高に楽しかったな~!!!」

と心から言えるような日々を共に過ごしていくのが目標です!

 

あれこれと迷ったり立ち止まったりの毎日ですが、

あたたかく見守っていただけたらと思います。

これからよろしくお願いします!